こうきのブログ

アイドルについての備忘録。

乃木坂46全国ツアー神宮ライブを観て。

配信で2公演観ただけだが、思ったことを忘れないうちに書いておく。
まずセトリ構成。
夏曲~期別曲~ブログでヒントを出してからの全員?がセンターになる曲~キャンプファイヤー演出
~アンダー曲~選抜表題曲~賀喜センターの君叱で本編終了。
キャンプファイヤー演出ではアコースティックアレンジにしたりと、
生歌の比率が上がっているのが今回のツアーの特徴か。
あとは夏らしさを十二分に楽しめる選曲になっている感じ。
『ジャンピングジョーカーフラッシュ』『僕が手を叩く方へ 』は、
ライブ映えする曲だろうと思っていたら予想以上だった。
5期生も井上・菅原の人気メンバーが引っ張ってくれそうなパフォーマンス。
個人的には五百城の個性的な歌声・小川の真っ直ぐな声に可能性を感じている。
3・4期主体で樋口和田の見せ場も作ってというバランス。
要所でキャプテン秋元や飛鳥が締めるという感じ。
松尾のダンスのキレ・佐藤楓の表情の良さも印象に残った。
全公演を通じては、座長の賀喜遥香が大きく成長したツアーだったのでは。
写真集ヒットの勢いをグループにももってきて、
4期からグループの柱となるメンバーを作りたい意図が窺える。
1ミニッツコーナーやトリンギョもあってMC力を試されたりする箇所もできた。
掛橋の落下や声を出してしまう客への注意など、運営面に課題も残った。
あとは、表題曲でキラーチューンになりうるものが欲しいなと。