こうきのブログ

アイドルについての備忘録。

[ハロプロ][レビュー][イベント]リボンの騎士

ミュージカルに行ってきました。
宝塚な発声で、かつてないクオリティの芝居でした。
ハロプロの舞台は初めてで、5列目以内で見れたのは久々でした。もう方々でレポされていると思うので詳しくは書きませんが、ハロプロをよく知らない人でも楽しめるつくりではないでしょうか。

自分は亀井ちゃん高橋愛ちゃんのファンなので2人の話をすると、まず亀井ちゃんの見所はオープニング。ここでの白い衣装でのダンスは間近でとても見ごたえがありました。あとは、2部の騎士の衣装で登場し歌ったくだり(台本が手元にないので)。前回近くで見れたのが6期加入直後のFCイベント、ということからすると感慨深いものがありました。
そして主役の高橋愛ちゃんが最後のカーテンコールでステージの階段を降りてくる。5期オーディションのときから応援してきた者としては今回のミュージカルは一つの到達点といえるものでしょう。思わず拍手の力も増しました。パフォーマンスはどうこう言うまでもない水準で、序盤のきらびやかな衣装もよかった。舞台は今月27日までです。




蛇足の短評です。
吉澤ひとみちゃんは動きが宝塚らしい。声の伸びが素晴らしい。
藤本美貴ちゃんは持続音で少しブレが出た所もあるが声量は一番。ハマり役。
高橋愛ちゃんは男女の声色の使い分けや歌いわけなど見所だらけで挙げきれない。
久住小春ちゃんは今回のミュージカルの最重要人物の一人です。夏休みにこのイベントをやることの意義はある部分彼女にかかっているでしょう。固定客層や宝塚ファン以外の、何回目かのファミリー層の開拓者という役割が期待されているなかで、のびのびとした演技がこなせるのはやはりミラクルとでも呼べる度胸を持っている人です。
小川麻琴ちゃんは吉澤ひとみちゃんや久住小春ちゃんとのコミカルなパートでの重要な役回りを演じていました。ハキハキとした台詞回しで聞き取りやすかった印象。
田中れいなちゃんはトルテュ勢揃いでのシーンでカナメを歌っていたように思います。
新垣里沙ちゃんは亀井ちゃんと一緒のシーンで存在感を発揮していました。
道重さゆみちゃんは最後のミニライブでの黒い衣装でスラッとしたスタイルが印象的でした。
石川梨華ちゃんは化粧が厚かった、でもそれが映える顔立ちなので後方の席からでも表情が分かると思われます。美勇伝での椅子を使ったフリで雰囲気が変わった。
岡田唯ちゃん三好絵梨香ちゃんは辻ちゃん出演パートで存在感を発揮していました。

箙さんは階段を降りる動作でテンポをとりながら歌う姿が印象的。声量・音圧ともに圧倒的でした。
マルシアさんは感情をこめながらの歌声が印象に残りました。

辻ちゃんは初日でしたが、松葉杖で頑張っていました。そのことを指摘したアドリブもありで、ミニライブで久々に歌を聴いたので、ミニモニの2枚目のアルバムのことを思い出しました。

最前部の席というのは目線が低く、身長の差を意識しなかったような気がします。
会場中央部やDVDで観るとその辺がはっきり分かるかもしれません。