こうきのブログ

アイドルについての備忘録。

乃木坂46全国ツアー神宮ライブを観て。

配信で2公演観ただけだが、思ったことを忘れないうちに書いておく。
まずセトリ構成。
夏曲~期別曲~ブログでヒントを出してからの全員?がセンターになる曲~キャンプファイヤー演出
~アンダー曲~選抜表題曲~賀喜センターの君叱で本編終了。
キャンプファイヤー演出ではアコースティックアレンジにしたりと、
生歌の比率が上がっているのが今回のツアーの特徴か。
あとは夏らしさを十二分に楽しめる選曲になっている感じ。
『ジャンピングジョーカーフラッシュ』『僕が手を叩く方へ 』は、
ライブ映えする曲だろうと思っていたら予想以上だった。
5期生も井上・菅原の人気メンバーが引っ張ってくれそうなパフォーマンス。
個人的には五百城の個性的な歌声・小川の真っ直ぐな声に可能性を感じている。
3・4期主体で樋口和田の見せ場も作ってというバランス。
要所でキャプテン秋元や飛鳥が締めるという感じ。
松尾のダンスのキレ・佐藤楓の表情の良さも印象に残った。
全公演を通じては、座長の賀喜遥香が大きく成長したツアーだったのでは。
写真集ヒットの勢いをグループにももってきて、
4期からグループの柱となるメンバーを作りたい意図が窺える。
1ミニッツコーナーやトリンギョもあってMC力を試されたりする箇所もできた。
掛橋の落下や声を出してしまう客への注意など、運営面に課題も残った。
あとは、表題曲でキラーチューンになりうるものが欲しいなと。

守屋麗奈1st写真集を買いました。

与田以来2年ぶりに写真集を買った。
いろんなシチュエーションがあって結構楽しめる。
ピンクのランジェリーカットは先行になく見ごたえあった。
タイトルにある通り、いろんな笑顔が見れるが、
圧倒的な顔面の造形美に見入ってしまう。
歯並びまで整っている隙のない美しさで、
アップの写真がやはり印象に残る。
色気は髪の巻き具合などで調節している感じ。
帽子もよく似合う。
黒のワンピースや濃いリップのカットは、
大人のレディ感が十分に出ていてよかった(が少ない)。
他にはアイドル写真集としてあるあるなシチュエーションも多い。
背が低いので太ももも若干むっちりめに見えるのもいい。
全体として見ごたえある一冊になっていると思います。

ケヤフェスをみました

原田葵ちゃんがセレモニーのスピーチで、
すっかりアナウンサーの読み方になっていて歳月の流れを感じました。
これで『サイマジョ』全握で唯一握手した2人とも(理佐葵)卒業。。
『バレエと少年』をやってくれて、個人的に見たかったので満足。
仲良しの理佐センター曲『無言の宇宙』をやったのもよかった。
次に見るのはめざましテレビかな?


守屋麗奈ちゃん高めの二つ結びかわいい。

(配信で)#TIF2022 を見たメモ。

第一印象は、知らないグループがありすぎるということ。
だいたいがメタル・メロコア・ハードロック、
あるいはメイドカフェにいそうな顔と格好ででんぱ組ぽい曲だし、正直長時間見ていられない。
メジャーレーベルのアイドルが(秋元指原Gや老舗どころ以外)淘汰され、型のはまった地下アイドルばかりになった。
スナックうめことかもほとんど見なかった。
他のインフォセントレのコーナーとかもそうだが、
アイドルが新しい世代に入れ替わってルックスレベルがかなり落ち、
ブームが完全に終わってしまったのを感じる。
今かわいい子は(坂道を除き)もうアイドルなんかやらない時代なのか。
TIFのようなフェスに代わる新たな開拓場所を見つけることが急務なのかも。

以下短評。
タスクはよかった。白岡の低音が安定してるし、熊澤の高いアイドル性も健在だった。
女子流も(曲は)よくなった。ヘアメイクは要改善。
乃木坂46 5期生は五百城茉央・冨里奈央のツインタワーがよかった。五百城の清純感がいい。
冨里はグラビア向き。井上和はダンスの色気がすごい。
日向坂46は音響がひどくてかわいそうだった。金村美玖のアグレッシブさがいい。
常に富田?の声がのっている状態。
一方で小坂宮田は欠席。30分枠で期別曲をやりだすKY感。
ukkaはイマイチハマらず。とき宣は未見。
ニアジョイも悪くはないが特にハマらず。指原Gはジェネリック48Gにしか見えない。
パーティーズがフェアリーズ曲やSPEEDをカバーしてた。ふわふわは自然消滅?
ハロプロもある時期からなぜか全く惹かれなくなった。気になる子がいなくなったせいなのか。
it's sunnyは一昔前のアイドルの風情で気になった。
ババババンビは曲がでんぱ組ぽくていまひとつ。
マルコムマスクマクラーレンは渥美かなが好きな声質で気になった。顔も新内眞衣似。
スウィーニーは曲が好きな部類。グループ名は改名すべき。
ブラックプリンセスは田北の太もも目当てにリリイベ見に行きたい。あるのか知らんが。

Day3のステージもいろいろ見た。
アンジュレーブは夏らしい露出度高い衣装。
SKEはセンターの子がワカメちゃんみたいな衣装。前のめりは良曲。
とにかく人が多い。
NMBは表題曲連発でさすがの盛り上げ力。
グラビアで注目してた安部若菜は結構フロントで活躍してた。
本郷柚巴はいなかった。

スカイステージ。
タイトル未定は弱ってるときに聞いたらすごく刺さりそうな感じ。
美味しい曖昧はオルタナぽい。
クロスノエシスは電子音を取り入れた曲が良くて、今回一番の掘り出し物。
事務所がサクライケンタのところで納得。
ただ配信のPAのせいか、低音が全然出ていなくて惜しかった。

天候のコンディション的には歴代最高に快適な年だったはずだが現場にも行かず。
無料ステージないし、物販会場を冷やかすこともできないし。
ライトファンを締め出すことでかつての祭り感は消え失せ、
配信で眺めて十分なイベントの一つになってしまった。
テレコムセンター近くの公園でアプガメンバーにゲリラライブを誘われて見たのも遠い昔。
坂道待機列の仕切りのひどさを見ると、来年はさらに規模縮小しそう。

、、と散々に書いたが、いろいろ見ていくとパフォーマンス的には
しっかり声が出て歌ってるグループが多いことに気づく。
平均的な練度は上がってるのかもしれない。
個人的には歌唱力だけでなく、曲もユニークでいいグループにめぐり逢いたい(さらにかわいい子がいればハマるかも)。
そんなことを思ったTIF2022でした。

乃木坂46、30枚目シングル選抜発表 センターは2作ぶりに賀喜遥香 初選抜は弓木奈於&金川紗耶

乃木坂46、30枚目シングル選抜発表 センターは2作ぶりに賀喜遥香 初選抜は弓木奈於&金川紗耶 | ORICON NEWS

乃木坂46 30thシングルの選抜メンバーが発表されました。
29thがサプライズすぎて大滑りしたので、随分無難な形になった印象。
まぁ置きにいくだろうなという予想は多くの人がしていたと思います。
19人中9人が4期生で最大勢力に。
センターポジションには賀喜遥香さん。
1st写真集の売上ニュースで結果を出したことが評価されて、
賀喜さんに引っ張ってもらおうという意図でしょうか。
初選抜の弓木さんはバラエティ番組での一層の活躍が期待されます。
個人的には推しメンの与田さんと仲がいい佐藤楓さんの選抜入りで、30th活動が楽しみになりました。

「ミスマガジン2022 ベスト16」 SHOWROOM審査!

「ミスマガジン2022 ベスト16」 SHOWROOM審査! - SHOWROOM
中大でフレキャン出身らしいソニーの斉藤里奈さんと、
麻倉瑞季さん・藤本沙羅さんはフォローして見ています。
麻倉さんはたぬき顔&体型で一定の人気を得そう。
今年気になるのは今のところこの3人くらいかな。