Kouki's idol note

アイドル・芸能・音楽について、備忘録的に。

オトメン秋』『リアル・クローズ』の初回放送が終わり視聴率が出た。
(『オトメン秋』8.2・『リアル・クローズ』9.8)
ながら視聴だったが、おおむね予想通りだった。
オトメン秋』は、夏帆のからむエピソードと芸人によるにぎやかしのサブエピソードがからまないので、興が削がれるという問題点が解決してないままだった。企画は早い段階からやっていたようなので、残念ながらもう修正されることはないのだろう。夏帆のスタイルも完全ガードだった。サブキャラに桐谷美玲武井咲、ゲストに山下リオという錚々たるメンツを揃えておきながら、ハジケきれなかったのはもったいなさすぎる。エンディングのタイトルバックだけが見もの。
リアルクローズ』は、プラダを着た悪魔とかアグリーベティだとかのインスパイア(笑)元がわかりやすいのがかえって、元の作品にあったリッチ感が薄れ、貧乏臭いつくりが強調されてしまっていた。『ラブシャッフル』のようなテンポ感もなく、ただただ古臭い流れだった。せっかくの香里奈の主演作ながら脇役に嫌いな面々が多いので、次回も見る気がいまいち起きない。

今期にあと注目できる(大コケか大ヒットになりそうな)のは『小公女セイラ』くらいか。