Kouki's idol note

アイドル・芸能・音楽について、備忘録的に。

Wの悲劇

テーマは「ないものねだり」。カンノちゃんは今の生活(と彼)に
ないものをねだって和辻家のドロドロに「果敢に」参戦してゆく。
その結果医者の香川照之という「相手が見つかる」、
というのが基本の大枠なので、後味を良くさせている。
原作はもちろん女性の夏樹静子だが、脚本は女性上位の
作風の岡田恵和だからか。原作は和辻家の人々のドロドロさが
主軸なのを、部外者の視点(カンノ、小日向&武田)を
機能させることで印象を変えている感じか。
江守小日向あたりのキャラがコミカルなノリを出し、
死体役で津川雅彦がおいしいところをもっていく。
最後まで見れたのはこういうコミカル/シリアスの緩急と、
キャストの豪華さに拠るところが大きかったのかな。
ひとつ言うならラストでカンノちゃんが階段に登るタイミングを
ジョンの曲が転調するところが合ってたらよかったのに。
運送屋やキャバで働いてるのに普段着がおしゃれだったり、
なぜか民法に詳しかったりするのはしょうがないかw。